2000年05月01日

C 車イスも遊び道具のひとつ 米国らしい感覚(2000年5月掲載)

 ゴールデンウイーク中に帰国し、東京で開かれた車イスバスケットの全国大会に、千葉ホークスの一員として参加しました。結果は残念ながら昨年同様の準優勝。その後、シドニーパラリンピックの最終選考合宿にも参加してきました。選考結果は後日とのことなので決まり次第報告します。

 ところで今回は、私が研修を受けているスポーツ財団のメイン事業であるジュニア育成プログラムから、毎週土曜日に開催される”スーパースポーツ”を紹介します。これは5歳から15歳くらいの子供を対象に、いろいろなスポーツに触れさせるという目的で行われています。

 ここで日本と違うのは、基本は”障害児”を対象としているのですが、障害のない子供も車イスを借りて参加したり、その父母や兄弟も一緒に参加して楽しむというところです。まさに車イスも一つの遊び道具として楽しんでしまうなんて、アメリカらしい感覚です。

 一回の参加費は昼食付きで5ドル(約550円)と非常に安く、通うことが困難な子供にはセンターのリフト付きバスで送迎もしますし、施設や道具なども全て無料で貸し出しをするので、誰でも気軽に参加できます。

 内容は基礎体力作りから始まり、バスケ、テニスなど各種スポーツの体験やメンタル面の講義など様々な形で行われます。どのメニューもゲーム感覚で飽きさせず、やる気にさせる工夫が盛り込まれているところも非常に勉強になりました。日本では考えられない重度障害の子供も参加しているのですが、手伝おうとすると「一人で出来る!」と逆に怒られてしまうほどのやる気を見せてくれます。

 もちろん中にはルールを理解できない子供や、集団行動が取れない子供もでてくるのですが、その際は指導者が、何度でも分かるまで熱心に説明をしたり、子供たちの質問や意見をしっかり聞いて、友達のように話し合っている光景がとても印象的でした。

 アメリカに来てつくづく実感するのは、ハード面での環境の良さもさることながら、それ以上に人や町全体がスポーツに対して協力的、積極的で、スポーツが生活に欠かせない重要な位置を占めていることがはっきりと分かることです。
posted by J's Page at 12:00| 神保康弘の夢チャレンジ

2000年04月01日

B 車いすスポーツでも入場料が必要なアメリカ(2000年4月掲載)

4月上旬、バスケットのシーズンを締めくくるビッグトーナメント、全米選手権を観戦しにイリノイ州のシカゴを訪れました。シカゴは暖かいアラバマとはまったく違い、猛吹雪に見舞われたりと、まだ冬真っただ中の装いでした。

大会で、最初に驚いたことは、入場料がかかるということです。普通のスポーツでは当たり前かも知れませんが、車いすスポーツで入場料を取るなど日本では考えられないことです。私は2日間のフリーパス20$(約2千200円)を買い求めました。会場に入ると、スポンサー各社の看板や横断幕が飾られているのが目に付きました。地元のプロチーム・シカゴブルズもスポンサーになっており、ぬいぐるみのマスコットが盛り上げ役で来ていました。また、プログラムや記念Tシャツなどの販売も行われていました。

 試合の方は、全米各地区から勝ち上がってきた強豪同士の対戦なので、どのゲームも白熱した接戦ばかりでした。この大会に出場できるのは、全米で300以上あるチームの中の1部リーグおよび2部リーグの上位4チームだけです。

 1部リーグのチームの多くは、NBA(プロバスケットリーグ)傘下のチームで、選手の多くはお金をもらってプレーしている”プロ”です。しかも、カナダ、オーストラリアなど世界中からリクルートされて集まってきた”スゴイ連中”ばかりです。そして選手たちはそのプロ意識で、全米の頂点を手にするために必死にプレーしているのです。そのレベルの高さや、会場の緊張感は「世界大会を観戦しているのか」と錯覚するほど素晴らしく、観ている私も興奮してしまいました。

 余談ですが、この大会に知り合いの選手の家族が応援に来ていたので、あいさつをしたところ、「家族にとっても名誉なこと!」と嬉しそうに話していた奥さんや、パパを応援している子供たちの姿がとても印象的でした。

 シーズン中はほとんど家にいない選手も、この大会を終えるとオフ。家族や恋人とゆっくり過ごしたり、夏のスポーツを楽しんだりと様々なオフを満喫、充電して、次のシーズンに備えます。アメリカは、アマでもシーズン制を採用しています。この辺も日本との大きな違いではないでしょうか。
posted by J's Page at 00:00| 神保康弘の夢チャレンジ

2000年03月01日

A米国に障害者用トイレはない 誰でもできること提案(2000年3月掲載)

私の住むアラバマ州バーミンガム市は現在、日中の気温が25度前後。まだ朝晩は多少冷えるものの、昼間はまさに”夏”を思わせる陽気です。ところで先月下旬に私用で1週間程千葉に戻ったのですが、一時帰国の間にも色々な部分で日米の違いを実感することができたので、今回は身近な部分での違いを書いてみたいと思います。

 まずはトイレ。皆さんは車イス用のトイレを利用したことがありますか? 車イス用トイレはすべて洋式で広く、時には着替えなどもできて便利です。私個人の意見としては、誰が使っても構わないと思うのですが、空いていても”別物”と言う感じで、使いづらいことはないでしょうか?

 アメリカには車イス専用のトイレはありません。全てのトイレが、車イスでも利用できる広さを確保しているからです。小さな食堂のトイレでも、その一つが少し広くできています。誰でも使えるというのはとても合理的です。また、どこに行ってもトイレに困らないというのは、私たち障害者が外出する際に大きな安心感を与えます。

 次に最大の障害”段差”です。日本に帰って苦労したのは階段などの多くの段差です。特に日本は靴を脱いで生活する文化のせいか? どこに行っても非常に段差が多いと感じます。困るのは私たち障害者だけではないのです。私は時おりベビーカーを抱えた若い女性が必死に階段を上る光景を目にします。また、老人が杖をつきながら苦労して上っている光景も。

 アメリカでは階段がある所には必ずと言ってよいほど、スロープ、エスカレーター、エレベーターなどが設置されています。これはADAという障害を持ったアメリカ人に関する法律で、全ての公共施設や交通機関のアクセスを保証しているためです。しかし両方あると、多くの人は階段以外のものを利用するように思います。それは潜在的に「階段が危険である」という認識を持っているからではないでしょうか。

 トイレや段差の問題は、土地や費用など多くのことが絡んで簡単に解決できることではありません。しかし、多くの人がそれらの問題意識を持つ事で、少しずつ改善されていくのではないかと思います。それと、現時点でできることとして、街で困っている人に対して、是非あなたの「手伝いましょうか?」という一言をお願いしたいと思います。これならば今すぐにもでも実行できるし、お金もかかりません。ハード面での問題を、簡単にカバーできる名案だとも思います。あなたも今日から始めてみませんか?

posted by J's Page at 00:00| 神保康弘の夢チャレンジ

2000年02月01日

@自己紹介(2000年2月掲載)

私は16歳の時に起こしたオートバイの事故で車いすの生活になりました。事故後しばらくは、自分が歩けないという現実を受け入れることができず、苦悩の日々を送っていましたが、たまたま知人に紹介された車いすバスケットボールを通して、障害者でも”やればできる”ということを学び、いつしかその魅力にはまっていました。そして、バスケに打ち込めたことが後々の社会復帰への大きな足がかりとなったのです。

 その後職業訓練校、民間企業を経て千葉市職員となり、現在もバスケットはリハビリの枠を越えた競技スポーツとして続けています。過去に日本代表選手として92年バルセロナ、96年アトランタのパラリンピックにも参加して、世界中の選手と対戦、交流する機会を持ちました。それは障害者スポーツに関する情報や、各国の障害者を取り巻く環境についての情報を得る機会にもなりました。

 そんな中で、世界(特にスポーツ先進国のアメリカ)と日本との違いを色々な面で感じるようになったのです。たとえば日本では、まだリハビリの枠を越えていない障害者スポーツも、アメリカでは競技スポーツとして、選手の指導方法やケアなどについて技術的、医学的、精神面など色々な角度から研究や開発が行われています。また、車いすバスケも企業の宣伝活動に使われる媒体として、地位を確立しているということです。

 これらの情報を耳にするたびに私の中で、アメリカに渡り障害者スポーツを学び、その知識と情報を広く日本に紹介していきたいという大きな”夢”が膨らんでいきました。そして、今回ここアラバマ州にあるレイクショア財団という、障害者を対象としたスポーツセンターで”夢”への実現に向けてその第一歩を踏み出しました。

 留学には多くの問題があり、市役所を退職するということは大きなリスクも伴う人生の分岐点でもあったと思います。とりわけ金銭的な問題が悩みだったのですが、ダスキンの企業集団が支援してくれたことは、留学計画が大きく前進できたものと感謝しております。

 次回からはこの留学を通して日本との違いやセンターでの出来事に焦点を置いて紹介していきます。
posted by J's Page at 00:00| 神保康弘の夢チャレンジ

2000年01月01日

神保康広の夢チャレンジについて

このコラムは、読売新聞の千葉地方版「千都読売新聞」の中で、約1年半に渡って掲載されたJのアメリカレポートです。言わばJが書いた初めてのコラムであり、アメリカ体験記でもあるのです。もしかすると、Jが物書きをするようになったルーツかも知れない秘蔵?のコラムです。
※ただし、2001年5月以降の掲載分は、パソコンのトラブルによりデータが失われて、掲載ができませんのでご了承ください。

記事一覧はコチラ
posted by J's Page at 00:00| 神保康弘の夢チャレンジ